日本ホメオパシーセンター那覇美栄橋

ホメオパシーって何?

吉祥寺のパワースポット「井の頭公園」
吉祥寺のパワースポット「井の頭公園」

簡単にいうと、人間が本来もっている自然治癒力を高めることで、

免疫力を上げて、 今の健康状態よりもより良い健康状態

にしようとする自然療法の1つです。

 

ある症状を起こさせるものを、原物質がなくなる程薄めて、

エネルギーパターンだけを活性化したレメディーを摂ることによって、

その症状に対する自然治癒力を高めて、免疫力を上げます。

 

「人は皆それぞれ違うので、治療法も1人1人違う」

という考え方を基に、ホメオパシーにおいては、

健康相談会という形で、1人につき1時間かけてじっくり話をして、

その人個人の特徴をつかみます。

 

ですのでホメオパシーでは、

「10人の頭痛の人がいたら、10通りの治療法がある」

のです。

 

ホメオパシーは、英国国会で「最も安全な療法」と認められたほか、

インドでは第一医学として用いられるなど、

インドやドイツ、南アフリカ、メキシコなどでのように、

5年制の大学(教育機関)のある国もあり、200年の歴史と

多くの症例・ケースをもとに発展してきており、

世界的に評価が確立されているものです。

 

ホメオパシーを利用している様々な分野の著名人も多く、

21世紀の代替医療の切り札としても注目されています。

 

このような場合にホメオパシーをお勧めします

 「長い間、ある症状を抱えていて、治っていない」

 「人に言えないあることを治したい」

 「自然療法で治したい」

 「体の中をお掃除したい」

 「今は一応健康だけど、もっと健康になりたい」

 「今は大きな病気になっていないけど、将来が不安」

 「過去のある出来事が忘れられず、人生が前進しない」

 「会社の人間関係でもめて、ストレスがたまってる」 

 「スピリチュアル的にもっと進化したい」

 「危険な地域に行くので、備えをしたい」 

 という方などに、自然療法のホメオパシーをお勧めします。

 

 「ホメオパシーでどうなるの?」と思った方は、

  ホメオパシー体験談 from RAH-UK.com

  を見てみるのはいかがでしょう?  

これがレメディー?

ホメオパシーのレメディー
ホメオパシーのレメディー

日本で手に入る主なレメディーです。

 

粒のレメディー(左)と

液体のレメディー(右)の

2種類のタイプがあります。

 

レメディーは3000種類以上あり、

世界中のレメディー販売会社で日々増え続けています。

 

【レメディーの大きな分類分け】

・鉱物(カリウム、ナトリウム、など)

・植物(キク、ウルシ、など)

・動物(ヘビ、ハチ、など)

・その他(菌類、人工物、光、色、など)

 

マザーチンクチャーって何?

カレンデュラのマザーチンクチャー
カレンデュラのマザーチンクチャー

ホメオパシーでは、レメディーと併用して、

「マザーチンクチャー」というハーブを一緒に摂ることも

多々あります。

 

マザーチンクチャーとは、

カレンデュラ(マリーゴールド)などの、

ハーブティーにもよく使われる安全な植物を

10倍に薄めて、アルコールに入れたものです。

原物質が含まれており、味や匂いもします。

 

マザーチンクチャーの原液は、

アルコール分40~60%程(種類によって様々)

ですが、実際に摂る時は、

500mlのペットボトルの水に数滴垂らしたものを

飲むので、アルコール分は1%未満になります。

 

アルコール分1%未満のものは、

アルコール飲料ではなくなるので、

安心して飲めます。

 

ホメオパシー健康相談会では、どんなことをするの?

ホメオパス(ホメオパシー療法家)とクライアント(相談者)が

椅子に座って、1対1で話をします。

ホメオパスはクライアントに触れません。

 

ホメオパスから、健康状態や症状、過去の出来事、習慣、嗜好など

について質問をしますので、それらに答えていただく形になります。

 

ホメオパスは会話を通じて、クライアントの症状の特徴を熟慮し、

現在の状況に最も適していると思われるレメディーを選びます。

1回の相談会で複数のレメディーを選ぶことがほとんどです。

 

レメディーの買い方と摂り方もご説明いたします。

 

また、レメディーを摂ること以外にも、

日常生活において健康にいいアドバイスをすることもあります。

 

料金:5,000円(1時間)

好転反応って何?

レメディーを摂り始めると、今まで抑えてきた症状が出てきて、

一時的に症状が悪化したような状態になることがあります。

これは好転反応と呼ばれています。

好転反応にはいろいろな種類があります。

肉体面であれば、発熱、発疹、下痢、頻尿、だるさ、眠気

などが起こることがあります。


精神面では、感情の噴き出しが起こることがあります。

泣いたり、怒ったり、悲しんだり、落ち込んだり、

今まで見なかったような夢を見ることもあります。

人によっては、以前かかった症状や感情が戻ってくることがあります。

例えば、熱を薬で抑えたり、悲しい気持ちを我慢したことがあると、

その時の状態が戻ってくるのです。

好転反応には個人差があり、出る方もいれば出ない方もいます。

ホメオパシーに限らず、鍼灸や整体、リフレクソロジーなど、

自然治癒力に働きかける療法を受けると好転反応が出ることがあります。

 

人間には本来、自分の中の歪みや不調和を外に出す力が備わっています。

好転反応とは、自然治癒力が発動し始め、

その人が本来あるべき健康な姿へと向かっているというサインなのです。

 

ホメオパシーへのご理解のために

ホメオパシー健康相談会をお受けいただくにあたり、

ホメオパシーへのご理解がとても大切になります。

 

ホメオパシーをご理解していただくために、 

ホメオパシー統合医療専門校 CHhom主催の

ホメオパシー入門講演会 「症状はありがたい」にご参加いただくか、

症状はありがたいDVD」(定価:1,365円)(ホメオパシー出版

をご覧になられることを強くお薦めします。

 

 

お問い合わせ・ご予約は、こちら